カラミざかり第5話~いっぱい出たね|ネタバレ

カラミざかりファンによるカラミざかりレビュー記事です。

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない方は無料試し読みからどうぞ♪

▽▽画像タッチで無料試し読み▽▽

カラミざかり5話あらすじ(ネタバレあり)

>>カラミざかり4話ネタバレはこちら

積極的な新山に押され

おっぱいを触り、チ●ポを触られる高成。

気持ちいいんだが、そんなことより里帆が気になって仕方ない。

里帆のマ●コを貴史がれろれろしている・・・。

 

そんな景色に気をとられれていると

自分のチ●ポは新山に咥えられていた。

 

新山がオレのチ●ポを咥えている。

こ、これがフ●ラ。

ってか、新山がエロい。

気持ちいい・・・

が、やっぱり里帆が気になる。

 

その時、

「ぃた・・・っ!」という里帆の声。

今まさに貴史に挿入されようとしていた。

 

「お、おいっ!そ、それはダメだろ」

その心の声は声にならなかった。

 

痛そうな里帆。

更にチ●ポを押し込む貴史。

結局根本まで挿入を果たしてしまう。

 

お、おれの里帆が・・・。

 

里帆のマ●コの感触を味わう貴史。

 

止めたいのに止められない。

なのに、高成のチ●ポはさらにギンギンに勃起していく。

 

高成のチ●ポをフェラしながら、

高成が自分を見ていないことに一瞬気が付く新山。

 

貴史は里帆のマ●コの締め具合があまりにも良くて

更に激しく腰を振った後、

「マ●コサイコー!」と絶叫しながらイってしまう。

それとほぼ同時に高成も新山のフ●ラでイってしまう。

 

高成がイってしまったのは、フ●ラでというより、むしろ里帆が貴史に犯される様子と

貴史がイったことによるものが大きかったかも知れない。

 

新山のフ●ラでイっていまったのは不本意だったにも関わず、

「たっぷり出たね・・・」という新山の一言は

この状況に身体だけは満足してしまったことに

どうしようもない失望感を味わったかもしれない。

 

>>カラミざかりまとめ記事はこちら

カラミざかり5話ネタバレ感想

↓↓あか~ん!これはあかん!タップして確認↓↓


これはアカンやろ~。

と思うのは管理人だけだろうか・・・。

 

この状況、

里帆は逃げられなかったのか。

高成は助けることができなかったのか・・・。

全てが終わった後で

あの時どうするべきだったのか、思い巡らしてしまいそう。

 

同時に処女喪失の女子2人。

あっけらかんとした新山に対して無口な里帆が一体何を思うのか・・・。

続きが気になる5話でしたね。

以降はまだ配信されていませんので、乞うご期待ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました